せんさい!

HSPで内向型でコミュ障な臨床心理士が生きやすくなる方法を考えるブログ

働き方 副業

【リアル体験談】失業保険と再就職手当の手続き大公開!ニートお金をもらって小躍りするの巻

投稿日:2020/12/20 更新日:

私は過去に1度失業保険をもらっていました。

今回はその時の実際の流れを大公開します。

 

まず失業保険についてですが、

もらえるお金はもらいましょう。

 

少ない給料から盛大に税金が引かれ雇用保険料も払っているのです。

正当な権利です。

主張していきましょう。

逆を言うとこの手のお金の権利は主張しないともらえません。

 

お金について学び主張し手続きしていきましょう。

 

ちなみに、先に行っておきますが

  • 失業保険とは
  • 失業保険をもらえる条件
  • 一般的な手続きの仕方

については詳しく書きません。

 

簡単に紹介くらいはしますが、そういうのは世間に情報あふれてます。

それに何といっても、頼りになるのはネットの情報ではないです。

最寄りのハローワークに確認することが一番大切です。

 

この記事で書いているのは、

  • 私個人の失業保険手続きの流れ
  • 必要だった書類
  • スケジュール感
  • 当時の心境

など私の実際の体験談を書きます。

 

実際に失業保険の手続きをして受給した人の体験談が知りたいという人向けです。

そして繰り返しますが、受給資格があるかどうかや詳しい流れなどは管轄のハローワークに必ず確認しましょう。

これが一番早いし確実です。

 

退職前

私が退職したのは2019年10月末日。

退職して失業保険貰いつつ人生の夏休みを満喫して、その後適当に転職活動するつもりでいました。

なんてお気楽な考え方でしょう。

 

でも実際、本当にそんな感じで人生を生きて、転職して新しい会社で適当に働きました。

(ちなみに、この記事を書いている2020年12月20日現在、この転職先の会社もこの12月で退職が決まっていますw)

 

仕事に対する価値観は人それぞれです。

勤め人として一生懸命働くことは別に悪いとは思いません。

ただ、それが個人の健康や幸せを犠牲にするのであれば問題です。

 

働きすぎると人は死ぬ

かつてブラック企業にいたことがあるのですが、働きすぎると人は死にます。

簡単に心身を病むし、若い時は徹夜とかできても歳とった時にツケが来ます。

 

大事なことなのでもう一度言います。

働きすぎると人は死にます。

適当に働きましょう。

 

失業保険とは

失業保険とは一定の条件を満たすと、仕事辞めて無職の間にもお金がもらえる制度です。

私は過去2回転職を経験しています。

 

1回目の時はそもそも失業保険の存在を知らず、1日もあけずに転職してしまいました。

せっかくだから休めばよかったとちょっと後悔しました。

 

もっとも、のちに人に教えてもらったのですが、1回目の転職の時、私は公務員だったので、失業保険はもらえないことが分かりましたw

国立大学法人職員などもらえるケースもあるようですが…

 

とまあそんなわけで今回は失業保険貰ってのんびりしようと考えました。

高い雇用保険払ったので、少し回収しようくらいの気持ちです。

 

失業保険をもらう時のポイントですが、離職票をもらう。

これです。

失業保険の手続きをするには離職票が必要です。

 

私も退職が決まってから人事に「離職票いりますか?」と聞かれました。

速攻でいりますと返事しました。

聞かれなくても、離職票くださいの催促するくらいの気持ちで行きましょう。

 

退職後~失業保険手続き

で、10月末ではれて退職。

11月からは人生の夏休みがスタート。

12時ころ寝て9時に起きる生活。

 

しかも、寝起きの清々しさったらこの上ない。

働いていた時は寝起きにいつも吐き気やおなかの痛みがあったのですが、それがない。

これだけでも仕事辞めてよかったなと思いました。

 

離職票が届かなくても仮申請できる

で、会社から離職票が届いたらすぐハロワに行って手続きしようと思っていたのですが、これがなかなか来ない。

それをツイッターでぼやいたところ、フォロワーさんから

「離職票が来なくても仮申請できますよ」

との情報をゲット。

やはり持つべきものはフォロワー。

 

「仮手続き」とか「仮申請」とかいうみたいです。「失業保険 仮手続き」とかで調べると出ると思います。

で、どうやら退職後2週間経過すると離職票がなくても失業保険の手続きができるとのこと。

 

なお、ハロワによっては対応が違ったりするかもなので、事前に管轄のハロワに問い合わせましょう。

私も早速電話をして、2週間経っても離職票が来ないので仮申請したいといったら「必要な持ち物持って、来てください」といわれました。

 

ちなみに、私が言われた必要な持ち物は

  • 退職日の分かるもの(私は健康保険の脱退の書類もっていきました)
  • マイナンバーが分かるもの
  • 印鑑
  • 写真(受給資格者証に貼るから)
  • 振り込みを希望する銀行口座の通帳かキャッシュカード

でした。

他のサイトを見てたら、「会社に自分で催促の電話しましたか」とか聞かれることもあるようですが、私は特に聞かれませんでした。

 

で、早速ハロワ行って手続きしました。

11月に行ったのですが、まだ混んでる時期ではなかったので、スムーズに終了。

 

 

仮申請はした方が早くお金がもらえる

ちなみに、個人的に仮申請はしたほうが良いと思っています。

早く申請したほうがお金もらえるタイミングも早くなります。

 

人によっては生活かかってるでしょうし、働いていないと少なからず経済的な不安を感じることもあります。

失業保険でお金がもらえていることの安心感は大切です。

 

また、再就職手当をもらうためにも早く申請したおいた方が良いケースもあります。

2週間経っても離職票が来なかったら仮申請をハロワに相談しましょう。

また、会社によってはなかなか離職票出さないようなムカつくケースもあるようです。

それもとりあえずハロワに相談してみましょう。

 

失業保険をゲット

私が失業保険の仮申請をしたのが11/18。

会社都合での退職の場合7日間の待機期間後にお金がもらえます。

自己都合の場合は7日間+3か月後です。

 

私がハロワからもらった受給資格者のしおりに載っていた図をどうぞ。

画像1

 

私の失業保険受給スケジュール

ちなみに、私の場合の時系列はこんな感じ。

ハロワの人が初日に書いてくれました。

ハロワの人ってとっても親切!

画像2

 

これちょっと特殊です。

私は自己都合退職で本来なら待機期間終了の11/25からさらに3か月経たないとお金もらえないのですが、1か月後の12/25からもらっています。

 

これはなぜかというと、この年の秋に大変な台風がありました。

被害の大きかった一部の地域ではその状況を鑑みて「本来3か月経たないとお金でないところを1か月にしてあげましょう」という制度がありました。

 

私の住んでいるところがその制度が適用されていました。

そのため待機期間の7日間+1か月でお金をもらっています。

特殊な例なので、勘違いされないように気を付けて下さい。

 

ニート中は軽率にテンションをあげていけ

ちなみに、支給開始日が12/25。

クリスマスプレゼントじゃん!うひょー!

と盛り上がってました。

 

これまでクレーム処理係としてクソみたいな仕事ばかりしてきた私へのサンタさんからのご褒美ね!とテンション上げていました。

ニート中は自分の精神をクリーンに保つことも大事です。

事あるごとにテンションを上げていきましょう。

ちなみに、11月末ごろにようやく離職票が届きました。

失業保険をもらうようになると、認定日なる日にハロワに行くようになるのですがその時に持ってきてくれればいいよといわれていたのでその時に持って行きました。

 

内定から入社日まで

で、今度は再就職手当の心配です。

再就職手当は、失業保険貰ってる人が就職決まったらもらえるお金です。

 

実は1か月ほどニート生活したところで、だんだん飽きてきたので11月末には転職エージェントへの申し込みをして12月頭からは転職活動をスタートしました。

で、クリスマス前に内定貰って転職活動が無事終了。

仮申請をしていたことで、少しだけ失業保険の給付をもらいつつ再就職手当でガッポリお金がもらえることになりました。

仮申請をしていて良かった…

 

内定後は就職活動の必要はなし

内定が決まった後にも認定日がありまして、認定日には必要な求職活動の状況を報告する必要があります。

ハローワークの窓口で相談したとか、求人に応募したとかそういうのです。

内定が決まってるのに、なんか活動しないといけないのかなと心配していたのですが、必要ありませんでした。

 

申告書で「求職活動をしなかった」に丸をつけて、「内定のため」と理由を書いて持ってきてくださいとハロワのオッチャンから言われました。

内定後もただ生きているだけでお金もらえました。

 

なお、私の入社日は月曜だったのですが、その直前の金曜日に最後にハロワに行きました。

そこで再就職手当の書類と土日分のお金をもらうための申告書をもらいました。

月曜初日の人多いと思いますが、その直前の土日分もお金貰えます!

 

書類は全部ハロワのオッチャンと一緒に書きました。

これまで仕事などでぞんざいな扱いしか受けていなかったので、この親切がしみる…

 

再就職手当をゲット

再就職手当をもらうために必要な書類とその提出方法が書いてある紙がまとめてホチキス留めしてあるのを、ハロワのおじさんがくれまして、自分が書くところは最後にハロワに行った時におじさんと一緒に書いて、あとは会社に出すだけ状態。

で、会社に必要事項書いてもらって、書類をまとめて自分で提出するか郵送。

私は平日が休みではないので郵送するつもりでいました。

 

大事な書類は自分の手元に!

ここでちょっとしたトラブルが発生。

書類の提出方法が書いてある紙も全部ホチキス留めされていて、そのまま会社の人事に送ったんですが、私の手元に必要事項が記入された状態で戻って来た時には書類の提出方法の書いてある紙がなくなってました。

コピー取っておけばよかったと後悔しました。

 

ホチキス留めしてあるからそのまま返してくれるだろうと思ってたのですが、外されて提出方法が書いてある紙がどっか行ってしまいました…

 

簡易書留で送れとか何とか最終日にオッチャンに言われた気がする…

 

結局仕事中にこっそり抜け出してハロワに電話して教えてもらいました。

  • 土日分のお金貰う申告書
  • 再就職手当の申請に必要な紙
  • 受給資格者証

これらをまとめて簡易書留で送ってとのことだったので、送りました。(このへんもハロワによって違うかもなので、注意です)

ちなみに、送る時に紙を折ってもいいか聞いたらいいよってことだったので、A4三つ折りサイズに折って入れました。

顔写真ついてる受給資格者証も折りました。

その方が送料安いし。

実際その後問題なく再就職手当出ました!

 

再就職手当様をお迎え

書類出してから2週間くらいだったでしょうか。

支給決定の書類が来て、小躍りしました。

 

社畜になってしまったので、事あるごとにテンションをあげて精神衛生を良好に保ちます。

実際に振り込まれてからも、夜寝る前に通帳を見てニヤニヤするひとり遊びを連日続けました。

ちなみに、額は私の再就職先の手取り月収よりも5,6万くらい高い額でしたw

 

と、こんな感じです。

以上が、失業保険をもらって再就職して再就職手当をもらうまでの私の流れです。

 

お金の制度を積極的に学び、情報収集して、権利を主張していきましょう。

ちなみに、失業保険についてはいろんなサイトがあるのですが、信ぴょう性の怪しい所とか、あとなんといっても管轄のハロワによって対応が違うケースもあるかもです。

大事なところは必ず管轄のハローワークに確認しましょう。

あと、情報収集も大事ですが、手続きはさっさとしてしまいましょう。

早くにお金もらって小躍りしましょう。

 

 

-働き方, 副業
-,

関連記事

HSPに向いていない仕事10選!転職で失敗しないための戦略とは?

HSPで仕事でストレスを溜めがち 職場の人間関係もつらい 給料も安いし、割に合わない気がする…   この記事は、こうした悩みがある人向けです。   この記事で分かること HSPの人 …

7年かけて公務員と民間企業の会社員どっちが良いかの問いに答えが出た

公務員と民間企業の会社員どっちが良いのかについて。 私の結論は どっちも向いてない です。   いや答えになってねぇよと思ったそこのあなた。 お座りください。 どうか冷静に。   …

【臨床心理士解説】HSPはフリーランスに向いているか?

「職場の人間関係がつらい…」 「フリーランスなら、1人で静かに仕事できる」 「でも、確定申告とか面倒だし、お金稼げるようになるのか不安」 今回の記事では、こうした「フリーランスに興味のあるHSPの人」 …

副業ブログの始め方【HSPや内向型に向いてる】

HSPに内向型で、普通に会社員で働くのしんどい… ブログので副業に興味あるけど、どういう仕組みなの? 自分にも稼げるのかな?ブログの始め方も教えて欲しい…     この記事では、こうした疑問 …

語彙力なしの「尊い」「面白かった」だけの感想を卒業!「20歳の自分に受けさせたい文章講義」

「尊い…」「面白かった」など、語彙力のない感想しか言えない とはいえ語彙力のある感想ってどうすればいいの?   こうした疑問や悩みに答えてくれる1冊を見つけました。 「20歳の自分に受けさせ …

プロフィール

プロフィール

管理人の山崎ぽて丸です。

臨床心理士・公認心理師。

専門性に基づいたライティング、心理学の知見を応用したマーケティングが得意。

Google検索上位1位記事執筆歴あり。10位以内は多数!

山崎のプロフィールやお仕事のご依頼についてはこちらよりどうぞ。

ラジオ

【stand.fmにてラジオ配信中

コミュニケーションが苦手だったり、何かしら生きづらさを抱える人たちが生きやすくなるための情報を発信。

ツイッターウィジェット