HSP 働き方・転職

人混みが苦手な臨床心理士がたどり着いた最強の解決法とは?

2021/05/22

※プロモーションを含みます

  • 「人混みが苦手」
  • 「お店とかもできるだけ混んでない時に行きたい」
  • 「お祭りとか嫌い。人のいっぱいいるイベント無理」

この記事は、こういった人混みが嫌いな人向けです。

 

私自身、人混みが大嫌い。

  • 無理
  • すぐ疲れる
  • 何なら体調悪くなる

 

やまざき
実は、私は臨床心理士、公認心理師の資格を持っており、色んな方法を試してきましたが、まあうまく行かない。

むしろ失敗体験を繰り返したことで、悪化した気すらするw

最近はアンカーのワイヤレスイヤホンのおかげで、自宅でも外でも音が気にならなくなって、ちょっと楽になりました。

人混みが苦手な人の最強の解決方法はコレ

結論、人混み嫌いにとって最強の解決法は「人混みに行かない」です。

真の人混み嫌いであればあるほど、克服は難しいです。

やまざき
いかに回避するかを頑張った方が、人生イージーモードです。

どうしても人混みに行かないといけない時の対処法

とはいえ、どうしても人混みに行かないといけない時もあります。

最後にそんな時に私が試している方法を紹介します。

  • 電車は人の少ない車両に乗る
  • 人混みに行った後は休む時間をとる
  • ノイズキャンセルのイヤホンを使う

 

対処法1.電車は人の少ない車両に乗る

電車は人の少ない車両やポジションを取ります。

時間帯を選べるのなら、人の少ない時間帯にのるとか。

やまざき
限界はありますが、「できることはやる」って感じです。

 

対処法2.人混みに行った後は休む時間をとる

人混みそのものをどうしても避けられない局面は、どうしてもあります。

なので、代わりに人混みに行った後はしっかりと休む時間をとるようにします。

  • 早くお風呂に入る
  • 早く寝る
  • 翌日可能なら休みにする

 

他にも、私はホットアイマスクして寝るとか、ヨガをやってから寝るとか自分なりのリフレッシュ法で少しでも休むようにしています。

対処法3:ノイズキャンセルのイヤホンを使う

個人的に、ノイズキャンセルのイヤホン、革命的でした。

本当に周りの音が気にならない。

私は音に結構敏感なところがあり、それゆえに人混みも苦手です。

 

やまざき
もともと家事をしながら動画とか音声配信聴くのにワイヤレスのイヤホンを買ったのですが、ノイズキャンセルの効果が快適すぎて、人混み対策としても使っています。

私はAnkerというメーカーのワイヤレスイヤホンを使っています。

小さいのでうっかり落とさないように注意が必要ですが、実に優れモノ。

イヤーマフと違って見た目も目立ちません。

AmazonでAnkerのワイヤレスイヤホンを調べる

 

人混みが苦手な人【お仕事問題編】

Q:いやいや逃げるっていっても、通勤電車とかあるじゃん。

A:それなら、通勤もさけましょう。

 

私は人混みを回避するために障害となるものは、それも含めてとにかく全部回避してます。

とにかく逃げます。

戦っても勝ち目がありません。

負けて、さらに自尊心下げるだけですw

 

具体的にいうと、私は会社員をやめてフリーランスになりました。

いやいやフリーランスは無理、という人も、せめてリモートのできる仕事に転職しましょう。

最近は会社員でもリモートのところも増えています。

Re就活とかで検索すると、リモートの求人がいろいろ見られます。

いざとなればこういうリモートの仕事に転職すればいいや

と思えるだけでもちょっと楽になります。

※最初の登録だけして、出身大学とかは入力せずに、メアドに届いたリンクから飛べば、すぐ求人検索できます。

 

通勤が嫌で今すぐ転職したい人へ

もうすでに転職を考えているなら、転職エージェントに登録してさっさと転職しちゃいましょう。

おすすめの転職エージェントは以下の3つ。

 

転職エージェントは、複数登録が基本。

比較して自分に合うところを見つけられるから。

転職についてくわしく知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

自分に合う仕事の見つけ方

無料で診断できるミイダスなら質問に答えるだけで、適職がわかります。

  • 自分に向いてる仕事
  • 向いてない仕事
  • 苦手な上司のタイプ

などがわかりますよ。

これ系の診断はいっぱいありますが、ミイダスが一番精度高かったです。

 

私が苦手な営業もバッチリ当ててきましたw

質問数は多めですが、その分だけ正確です。

 

>>無料でミイダスの適職診断を受けてみる

 

フリーランスになって変わること

人混み嫌いにとってのあらゆる問題が、フリーランスになるというワンアクションで解決します。

 

通勤がなくなる

フリーランスになれば、仕事はいつも家。

通勤がありません。

  • 朝と帰宅時の電車のラッシュに巻き込まれません。
  • 電車内のポジション争いもしなくていい。
  • わざわざ空いてる車両を探さなくていい。

 

通勤に関するあらゆる悩みが解消されます。

 

空いてる平日に外出できる

フリーランスなら、仕事のスケジュール自分で決められます。

休みたい時に休めます。

当日に急にお休みも可能!

 

 

土日はどこ行っても混んでいます。

スーパーとか、本屋とか。

ちょっと買いたいものがある時に、街に出ればたくさんの車に自転車。

お店に行っても、レジに長蛇の列がでいきていたり。

土日祝日は、とにかく人人人。

 

人混みが苦手な人にとって、「空いている平日に出かけられたらいいのに」というのはあるあるの悩みだと思います。

 

現在フリーランスの私は、基本買い物などの出かける用事は平日に行っています。

舞台も平日の公演のチケットをとって、落ち着いて観劇しています。

 

人と同じ行動をしない、というだけでものすごく人生の快適度上がります。

 

 

人混み以外のストレスも減る

ぶっちゃけ、フリーランスになると、人混み以外のストレスもめっちゃ減ります。

 

職場は私一人。

職場の人間関係で悩むこともありません。

苦手な電話が、ガンガンかかってくることもないし、電話撮らないといけないプレッシャーにさらされることもなし!

仕事中に話しかけられたり、無駄な会議もありません。

 

人混み以外でも、働き方に関するいろんな問題が解決します。

 

フリーランスになるとか、話が飛躍しすぎでは?

とにかく逃げる。

フリーランスになる。

 

という方法が、

  • 「イヤイヤそういうことじゃないし」
  • 「話が飛躍しすぎ」

と思うなら。

 

あなたはそこまで人混みで困っていない、ということだと思います。

 

世間一般的に言われるような、例えば

  • フレックスの仕事を選ぶ
  • リモートアリの仕事をする
  • 電車の空いている時間帯に乗ったり、車両を工夫する

とかでうまく行くのなら、それが一番です。

 

でも、そうした方法でも、つらさが消えない人もいます。

そうした方法をとってまで、会社にしがみつきたくないと思う人もいます。

私がそうでした。

 

  • なんで自分の人生なのに、こんなにやりたくもないことばっかりやらないといけないのか。
  • どうしてやりたくないことのために、こんなに必死にいろいろ努力しないといけないのか。
  • 努力してる割に、その見返りは少ないし…

 

いつも思っていました。

 

普通の生き方をして幸せになれるのは、普通の人だけです。

私は普通の人ではないので、世間一般の人がうまく行ってることがうまく行きません。

普通の人が当たり前のようにつかんでいる幸せを、「当たり前のように」つかめません。

そんな私が生きていくには、世間一般的には普通じゃない方法をとるしかありませんでした。

 

この記事も、そうした普通の方法でもどうしようもない人向けに書いています。

ぜひそうした人にとって、少しでも参考になればと思います。

自分に合った方法を選ぼう

人混みを避けるといっても、どの方法があっているかは人それぞれ。

ちょっとした工夫レベルで対処できる人もいます。

それでも無理なら、もういっそ全回避もあり。

 

人混み嫌いをどうにかしようとするのではなく、とにかく人混みを回避する。

人混み回避を邪魔するものがあるなら、それも全部回避。

その方がストレスもたまらないし、人生イージーモードです。

 

私自身、フリーランスになったことで、人混み嫌いはもちろん、いろんな問題が回避されました。

今にして思うのは、やっぱり会社員で生きていたのは、生きる場所を間違えていたなということです。

 

私のように、会社員として生きることにしんどさを感じている人は、もしかしたら会社員という働き方自体が向いていないかも。

今すぐフリーランスにならなくても、フリーランスという働き方があるんだ、と心のとどめておきましょう。

選択肢として持っておくだけでも、心のゆとりになります。

 

私がフリーランスになった時の話などは、こちらでまとめています。

-HSP, 働き方・転職
-