働き方・転職

就労支援員を辞めたい→辞めてOKな理由【就労移行支援・障害者施設の職員向け】

2022/02/09

就労支援員は、仕事きついし給料安いから辞めたい。

かといって転職して失敗や後悔もしたくない。

転職先の選び方や、やり方もよくわからない…

 

この記事は、こうした疑問や悩みにこたえます。

 

この記事でわかること

  • 就労支援員を辞めた後どうなるかがわかる
  • 障害者福祉職員が転職するメリットデメリットがわかる
  • おすすめの転職先ややり方がわかる

 

私は過去、就労移行支援施設で働いていたことがあります。

就労支援員、職業指導員、生活支援員とかやってました。

 

就労移行支援ほか、障害者福祉の仕事はきついです。

辞めたいって思ったら辞めてOK。

 

 

やまざき
私は辞めて3年くらい経ちますが、今はハッピーですよ。

ミイダスっていう無料の適職診断でも、向いてなさそうだったしw

 

福祉施設の職員として頑張ってきたあなたが、今度は自分で自分を幸せにできるよう、キャリアの話をしていきます。

\無料で質問に答えるだけ/

ミイダスで適職診断してみる

就労支援員を辞めたい→辞めた3年後も後悔なし

就労支援員とか、福祉施設の職員辞めたいって思ったら、辞めてOK。

私は辞めて3年ほど経ちます。

やまざき
辞めたことを後悔したことは、一度もありません。

 

「辞めたい」って思うのは、何か大変なこととか辛いことがあるわけです。

世の中、辛いことを我慢するとか、頑張るみたいなのが評価される傾向がありすぎw

 

イヤなことはイヤっていいっていい。

イヤなことは辞めたっていいと思うんですよ。

 

私の退職理由【福祉の仕事はきつい】

障害者福祉もですが、福祉の仕事ってきついじゃないですか。

私が辞めた理由は以下のとおり。

  • めっちゃストレスたまる
  • 給料安い
  • 将来性ない

 

ほかの辞めて行った人たちも、大体この3つのどれかに行きつきます。

 

福祉の仕事の低賃金は、もはや社会問題レベル。

福祉を志す若者の心を容赦なく叩き折るレベルの、絶望的なエピソードを大量に披露していますw

 

辞めたいって思うのは、正直自然な流れかと。

 

辞めたくなる職場がおかしい

よく「入って1か月で辞めるなんておかしい!」とか、短期離職を責める発言もあるじゃないですか。

短期で辞める人がおかしいのではなく、短期で辞めたくなるような職場の方が、おかしいと思います。

 

体験談:入社当日の昼に失踪した社員

私がいた就労移行支援施設に、伝説の社員がいますw

入社当日の昼、ごはん食べに行ってきますと出ていって、そのまま帰ってこなくなりましたw

闇が深いw

 

その社員がおかしいのか、新入社員が3時間程度で辞めたくなる職場がおかしいのかは迷うところですw

やまざき
新入社員が3時間程度で辞めたくなるような職場で、平気で働き続けている私たちの方がおかしかったのでは?w

 

だから、あなたが今「就労支援員、辞めたい」と思っていても、あなたがおかしいんじゃないんです。

職場や周りがおかしいんですよ。

少なくとも、あなたに合ってはいないと思います。

 

どんな仕事をするかは、あなたの人生です。

あなたが辞めたいって思ったら、それが正しいと私は思います。

 

就労支援員を辞めた後【辞めてよかった】

結論、辞めてよかったですね。

 

就労支援員だった時、私は時間とともに、どんどん辛くなる感覚しかありませんでした。

 

やっぱり福祉の業界はちょっとおかしい

私は、就労支援員辞めてから、人材系企業に転職しました。

やまざき
やっぱり福祉業界はちょっとおかしかったんだな

と思いましたねw

 

福祉から人材系企業に転職して、いろいろ変わりました。

  • 休憩時間にも利用者さんの対応したり、電話応対したりしなくていい。
  • 福祉業界特有のやりがい搾取がない。
  • ボーナスの額が、ゼロ一つ増えたw

 

福祉を志す人って、みんな優しかったりするじゃないですか。

そういう人の優しさにフリーライドして、低賃金でやりがい搾取する福祉業界はやっぱりおかしかったなって思いましたw

 

就労支援員辞めて自分の幸せを考えられるようになった

就労支援員を辞めて、ちゃんと自分自身の幸せを考えられるようになったのもデカいです。

 

私は「一人で静かに仕事する」というのに、憧れてたんですが、フリーランスになって叶いました。

自分のペースで、無理なく仕事できています。

 

あなたにもやりたいこと、こんな風に仕事できたらいいのになってものがあると思います。

あなたの理想の働き方、今の仕事で叶いますか?

 

 

【就労支援員を辞めた後】転職ロードマップ

まず、転職は簡単です。

世の中に、仕事は大量にあるから。

 

やることは確かにいっぱいあります。

やまざき
でも、私は福祉の仕事続けてる大変さより、転職の方がはるかに楽でしたねw

 

転職のパターンは、以下の2つ。

  1. 障害者支援や福祉の仕事に転職する
  2. 別の業界に転職する

 

いずれも転職の流れは一緒です。

まず、転職の流れを説明してから、パターン別のメリット・デメリットを紹介しますね。

 

【脱・ブラック就労支援員】転職の流れ

転職の流れは以下の5ステップ。

  1. 自己分析
  2. 求人検索
  3. 応募書類作成
  4. 面接
  5. 内定・退職

 

1.自己分析

自己分析ではっきりさせることは、以下の3つ。

  1. 転職の条件
  2. やりたいこと
  3. やりたくないこと

 

転職の条件は、給料はいくらとか、転勤はなしがいいとかそういうのです。

ちなみに、やりたいことはなくてもOK。

 

大事なのは「やりたくないこと」です。

 

やりたくないことリストを作ろう

やりたいことよりも、やりたくないことは欲求に直結してます。

やりたくないことリストを作っておくと、求人検索がしやすいです。

 

私の転職活動当時のやりたくないことリストの一部はこんな感じ。

  • コロナの中で電車通勤したくない
  • 電話ガンガンなる中で仕事したくない
  • 有給とるのに気を使わないといけないのヤダ

 

こんな欲求丸出しリストのもと転職活動しても、結局転職に成功しているので勝ちです。

 

人生攻略ロードマップ」という本で、やりたくないことリストを作る方法を知りました。

無料体験使えば、Amazonオーディブルでタダです。

 

AIで適職診断

無料のAI診断のミイダスを使うと

  • 向いてる仕事
  • 向いてない仕事
  • 苦手な上司のタイプ

などがわかります。

 

これ系のAI診断の中でも、ミイダスが一番精度高かったです。

質問数は多めですが、その分だけ正確。

 

やまざき
私の苦手な営業もバッチリ当ててきましたw

↓ミイダスをチェックする↓

面接確約!転職するなら、ミイダス!

 

2.求人検索

求人検索の方法は以下の3つ。

  1. 転職サイトの公開求人
  2. 転職エージェントの非公開求人
  3. ハローワークや地元の広報誌とか

 

非公開求人も含めて求人検索せよ

転職で失敗してくないなら、非公開求人含めて探しましょう。

いい求人は、非公開求人になっているから。

 

  • 公開求人とは:転職サイトで誰でも見られる求人
  • 非公開求人とは:転職エージェントなどに登録した人しか見られない

 

いい求人を公開にしちゃうと、応募が殺到してしまいます。

なので、給料や待遇がいいホワイト求人は非公開求人となっています。

 

非公開求人は、転職エージェントに登録すると見られます。

 

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェントは、以下の大手3つ。

 

それぞれの特徴は、以下のとおり。

  リクルートエージェント ウズキャリ doda
求人数
面倒見の良さ
定着率のよさ
サービスの使いやすいさ
強み 圧倒的求人数の多さ ブラック企業を除外しており、就職後の定着率が93%と高い 電話やLINEを使って密にコミュニケーションをとってくれる
公式サイト リクルートエージェント ウズキャリ doda

転職エージェントは、複数登録が基本です。

無料で全部登録できるし。

 

比較できて、自分に合うところを見つけやすいです。

合わないところは辞めちゃえばOK。

 

3.応募書類作成

次は、履歴書や職務経歴書の作成。

転職エージェントを使うと、ネットで応募書類作って、写真もアップロードで登録して応募ができます。

 

なので、応募のたびに応募書類を紙で作って郵送するという手間が省けて楽。

写真も毎回貼り付けてると、それだけでお金かかりますからねw

 

それでも書類選考で落とされない履歴書・職務経歴書の書き方」という本を読むと、応募書類での上手なアピール方法が分かります。

無料で試し読みもできます。

 

4.面接

面接のポイントは「自分と企業のマッチングをみること」かと。

 

自分をよく見せる場所でもないし、企業にこび売る場所でもありません。

面接はあなたが見られている場所であると同時に、あなたが企業を見る場所でもあります。

 

直感は当たらないけど、違和感は当たりますw

この会社なんかイヤだなって思ったら、本当に合わない会社だったりとかあるあるw

私も、某企業の面接で天下りみたいなおじさまがめっちゃ態度悪くて、面接中に「なんなんですか?」って思わずいいそうなくらいでしたw

 

面接も、その職場を知る大事な場です。

 

5.内定・退職

内定が出たら、退職を申し出ましょう。

内定承諾前に不安点などは、会社やエージェントに確認して不安点はつぶしておくのがよいかと。

 

退職するのを申し訳ないと思う必要はない

「ただでさえ人がいないのに、辞めるの申し訳ない。

いい出しづらいな。」

 

確固たる決意をもって辞めましょう。

やまざき
働いている人に辞めるの申し訳ないとか思わせるような職場は、むしろさっさと辞めた方がいいかもですw

 

人が足りてないのは、あなたのせいじゃなくて会社のせいですよ。

自分のせいじゃないことを申し訳ないと思ってたら、この先も人生苦しいです。

 

自分の責任とそうじゃないことは、分けていきましょう。

 

退職の伝え方や辞め方に困ってる人は、こちらの記事をどうぞ。

「辞めたら申し訳ない」の罪悪感が減りますw

 

【パターン別】転職のメリット・デメリット

以下2パターンの転職のメリット・デメリット、注意点を解説していきます。

  1. 障害者支援や福祉の仕事など、同じ業界に転職する
  2. 別の業界に転職する

 

【業界内転職】障害者支援や福祉の仕事に転職

メリットは以下のとおり。

  • 経験や資格を生かせる。
  • 職場の良し悪しを判断しやすい。
  • 転職先がいっぱいある。

 

福祉の仕事って離職率が高いんで、逆をいうと転々としやすいw

なので、大量に転職先があります。

 

デメリットは以下のとおり。

  • またしんどい仕事を繰り返すことになる。
  • 給料が安い。

 

 

別の業界に転職する

別の業界への転職のメリットは以下のとおり。

  • 自分に合った仕事が見つかるかも
  • 仕事に見合った給料
  • 業界によっては将来性がある

 

デメリットは以下のとおり。

  • 未経験ゆえに転職で苦労するかも
  • 新しく勉強することが増える

 

別業界への転職で失敗しないためには、将来性のある業界を選んでおくと無難。

 

就労支援員におすすめの転職先

別業界に行く時、おすすめの転職先はこの辺。

  • IT・Web関連
  • 人材系企業
  • 大手企業

 

簡単にいうと、お金と将来性がある業界ですw

 

やまざき
就労移行支援で正社員の就労支援員やってた時より、某大手人材系企業で契約社員やってた時の方が給料や待遇よかったですw

 

IT・Web関連は、未経験でも入りやすいので狙い目。

私も、30歳過ぎて未経験なのに、IT・Web関連の仕事、選考通りました。

 

無料でプログラミング体験できるテックアカデミー とかで、とにかくちょっと試してみればいいと思います。

「楽しいな」「嫌じゃないな」って思うなら、才能ありますよ。

 

転職でめっちゃ迷う時の対処法

仕事は辛い。

でも、そもそも転職しようかめっちゃ迷う。

 

みたいなこともあると思います。

やまざき
人生の結構大きな決断なんで、迷って当然。

 

身近な人になかなか「仕事辞めたい」って理解されなかったり、相談できないと特に大変ですよね。

 

こう自分に問いかけてみて欲しい。

「この仕事をしていて幸せになれるか?」と。

 

「仕事は楽しかね?」

私が公務員を辞める時、背中を押してくれた「仕事は楽しいかね?」という本があります。

当時、シリーズの1と2が出ていて、どっちか忘れちゃったんですけど、

「その仕事をしていて幸せになれるかどうかが大事なんだ」

みたいなことが書いてありました。

 

私は、

やまざき
「いや、幸せになれねぇ!」

と退職を決意しました。

 

  • 公務員の恵まれた給料や待遇。
  • 必死に試験勉強したり働いてきたそれまでの労力。

すべてを捨てる勇気をくれました。

 

本じゃなくて人に相談したい場合は、キャリアカウンセリングとかもアリ。

無料で初回お試しできるポジウィルキャリアとかマジキャリとかあります。

無料で1回試せます。

否定されずに自分の悩みを聴いてもらえます。

 

やまざき
どちらかというと、親身に対応してくれるポジウィルキャリアがおすすめ。

タダなんで違ったなって思ったら、やめちゃえばOK。

\無料のオンライン初回相談アリ/

キャリアの相談ならポジウィルキャリア

まとめ:就労支援員が辛いならサクッと辞めよう

就労支援員など就労移行支援とか障害者施設とか、福祉の仕事はとにかく大変。

おかしいのは辞めたくなるあなたではなく、仕事や職場の方だと私は思います。

 

転職は確かに大変ですが、今の仕事ずっと続けてる方がしんどくないですか?

 

あなたが迷っている間にも、いい求人ほどほかの人にとられてます。

 

ミイダス使って自己分析とか、エージェント登録はすぐやれます。

 

とりあえずやってみて、違うなって思ったらそこで転職活動やめてもOK。

「そんなに転職したくなかったわ」って今の仕事続けるのもアリ。

 

つらい人は、とりあえずポジウィルキャリアとかマジキャリとかの無料相談で人に話を聴いてもらうのもいいかも。

 

行動しなければ何もわかりません。

とりあえずやれることをやってみながら、考えてみましょう。

\無料のオンライン初回相談アリ/

キャリアの相談ならポジウィルキャリア

-働き方・転職
-, ,