働き方・転職

【転職エージェント】相手にされないなら使うのをやめよう

2021/08/09

「転職エージェントに、相手にされていないなと感じる」

「希望条件に合わない求人ばかり送られてくる」

「話を聴いて欲しいのに、聴いてもらえない」

 

この記事は、こうした悩みを解決していきます。

 

この記事で分かること

  • 転職エージェントに相手にされない人の特徴
  • 転職エージェントに相手にされないのはむしろチャンス
  • 転職エージェントに相手にされない時の対処法

 

私も、転職エージェントに「相手にされていないな」と感じた経験があります。

 

 

私は、「転職エージェントから相手にされない人の特徴」に該当していたと思いますw

気付いたのは、私が人材系企業で働いてからのことです。

 

また、私に必要なのは、そもそも転職エージェントではなかったと、今にしてみれば思います。

 

かつての私のように、転職エージェントに相手にされず、転職やキャリアに不安を持つ人の参考になれば嬉しいです。

 

転職エージェントに相手にされないのはチャンス

結論、転職エージェントに相手にされなかったら、使うのやめればOK。

 

転職エージェントに、相手にされてないと感じるのは、あなたにそのエージェントが合ってないということです。

あなたに合っているエージェントなら、協力できてる感覚があるはずです。

 

それがないということは、理由が何であれ、「あなた、その転職エージェントやめたほうがいいですよ」というサインかもです。

 

その転職エージェントが、合ってないと分かったので、むしろチャンスです。

ちゃんと自分に合っているなと思えるところに、頼るようにしましょう。

 

会社自体を変えたほうがいい

個人的には、担当者変更をお願いするよりも、転職エージェント自体を変えるのがおすすめ。

なんでかというと、相手にされてないということは、何かしら会社の基準に引っ掛かっている可能性があるから。

 

仮に担当者を変えても、同じ会社の社員なら同じ基準で動きます。

同様に相手にされない状態が、続く可能性があります。

 

大手をあえて避けるのもアリ

大手で「ちょっと違うな…」という感覚があるなら、あえて会社規模の小さなエージェントやサービスを試してみるのもアリです。

  1. 【就活エクスプレス】:東京で働きたい人におすすめ。公益財団法人東京しごと財団運営なので、手厚いのにサービスは無料。
  2. ウズキャリ:20代の人ならこっち。短期での退職や空白期間があっても面倒見てくれる。
  3. フルリモート求人特化型転職支援サイト【ReWorks(リワークス)】 :リモートに特化した求人サイト。HSPの人にとっては、仕事がリモートになるだけでもかなり楽。

 

転職エージェントに相手にされない人の特徴

転職エージェントに相手にされない人の特徴は、以下のとおり。

  1. 社会人としての適性に欠ける
  2. 転職成功率が低い
  3. そもそも転職エージェント向きではない

 

社会人としての適性に欠ける人

  • 面接を連絡なしでキャンセル
  • 連絡が遅い、しない

など、そもそも社会人としての適性に欠けるような態度をとっていると、エージェントからも相手にされません。

 

こうした人の場合、おそらくエージェントサイドでも、「そういう人」扱いされていますw

多分記録にも「連絡が遅い」とか書かれています。

 

内定が決まっても、就職先の会社で問題を起こす可能性も高い人材といえます。

そのため、エージェントとしても、その人に対する優先順位は下がります。

 

転職成功率が低い人

  • 年齢が高い
  • 未経験で専門職に就こうとしている
  • これまでよりも、はるかに高い年収を希望している

など、この人このままじゃ転職成功率が低いな、という人も転職エージェントから相手にされません。

 

エージェントとしても

「その年収無理ですよ」

というのも、面倒臭いじゃないですかw

 

しかも、プライドが高い人だと、いった結果クレームなる可能性もあります。

つまり、コミュニケーションコストも高い人と認識されるので、エージェントも相手にしないのが一番と考えています。

 

そもそも転職エージェント向きではない

「連絡とか、ちゃんと返してる」

「特に高望みしてるわけでもない」

「けれども、なんか相手にされてない感はある」

 

こういった人の場合、そもそも転職エージェント向きではない可能性があります。

 

例えば、転職しようかどうか迷ってる人とかですね。

 

転職エージェントは転職ありきのサービス

転職エージェントは、転職させるサービスです。

利用者が入社して、報酬が入る仕組みです。

 

転職させて、なんぼです。

 

転職しようか迷ってる人の悩みを聴いてくれるサービスでは、ありません。

転職しようか迷ってる人は、その辺の悩みを聴いて欲しかったり、整理したい人です。

転職エージェントと、そもそもマッチしません。

 

体験談:私も転職エージェント向きじゃなかった

私も過去に、転職エージェントに相手にされなかったことがあります。

今にして思えば、ただただミスマッチだったんだなと思います。

 

私は、当時転職するかフリーランスになるかの悩みを抱えていました。

そもそも、会社員として働くことに大きな違和感を持っていました。

 

当然、転職エージェントで、そうした悩みの解決はできませんでした。

そして、自身の中の大きなキャリアの悩みを抱えたまま、内定の決まった会社へ入社。

 

人生最短の1年で辞めましたw

 

そもそも私は、転職エージェント向きではありませんでした。

 

転職エージェントに相手にされない時の対処法

転職エージェントに相手にされない時の対処法は、以下のとおり。

  • 自分が変わる
  • 転職エージェントの会社を変える
  • 転職エージェントじゃないサービスを使う

 

自分が変わる

  • 約束を守らない
  • 連絡を無視する

など、社会人としての適性に欠ける行いをしている人は、改善をしましょう。

 

また、年収アップを希望している人は、その希望額が妥当なものか考え直しましょう。

年収300万円アップを希望しているとしたら

「300万アップできる根拠は何か?」

 

説明できますか?

人を納得させられますか?

 

客観的な視点を持って、自分の希望を考え直してみましょう。

 

転職エージェントの会社を変える

会社によって、全然サポートの仕方は異なります。

複数の転職エージェントに登録して、合ったところをメインに使っていくようにしましょう。

 

転職エージェント側も、利用者が複数登録してることは分かってます。

 

転職エージェント以外のサービスを使う

そもそも転職エージェント向きではない人は、ほかのキャリア相談サービスを使ってみましょう。

お金がかかりますが、その分の納得感を得られます。

業界大手はこの3つ。

初回の無料体験がポジウィルキャリア【マジキャリ】 にはあります。

 

無料相談だけでも、自分の人生を変える気付きを得ている人もいます。

 

複数、無料相談してみて、気に入ったところがあれば、本格利用して、自分のキャリアを変えていくのがいいかと。

こういうサービスがあるんだなと、知っておくだけでも切り札になります。

 

まとめ:合わないものを無理して使う必要はない

合わないものを無理して使うと、失敗のリスクが高いです。

「我慢すること」が評価されがちですが、我慢は無駄です。

 

我慢したところで、成功が保証されるわけじゃないです。

 

自分に合ったサービスで、自分のストレス減らして、自分のやるべきことに集中したほうがいいです。

 

転職エージェントが合わない、というのは普通にあることです。

参考:転職エージェントが合わない本当の理由【解決法もある】

 

大事な人生の転換点。

自分が納得できるサービスを使って、納得できるキャリア選択をしましょう。

-働き方・転職
-, ,