HSP 働き方・転職

HSP看護師の「仕事向いてない」の悩みはチャンスのサイン

2021/07/21

「看護師の仕事がつらい」

「HSPなのに看護師は向いていない気がする」

「どうすれば自分に自信を持って働けるようになるの?」

 

この記事では、こうした悩みに答えていきます。

 

この記事で分かること

  • HSPでも看護師に向いているかが分かる
  • なぜHSPだと看護師がしんどいかが分かる
  • HSPで看護師に向いていないと悩んだ時の対処法が分かる

 

やまざき
「看護師、向いてないかも」と悩むのは、キャリアの転換点に来ているサイン。

むしろ、チャンスですよ。

 

「どうしても自分には看護師が向いていない」という場合、ミイダスの無料診断とかで自分の適職を見つければOK。

看護師に向いていてもいなくても、あなたらしく生きていくことはできます。

安心して最後まで読んでください。

 

結論、HSPでも看護師に向いている

あなたがHSPで今、看護師さんだとして。

私は「あなたは看護師に向いている」と思います。

 

「やりたい」「なりたい」と思う気持ちがあることが、一番の才能だからです。

 

あなたが看護師になったのには、「やりたい」と思う何かがあったから。

 

しかも、看護師の資格は簡単に取れるものではありません。

勉強して学校に行って、資格試験に合格するなど、たくさんの努力の結果です。

 

あなたの中に看護師をやりたい気持ちがあった何よりの証拠です。

その一点だけをとっても、あなたは看護師として十分な才能の持ち主だと私は思います。

 

たとえ、今どんなに仕事がつらくても。

どんなに「向いていない」「辞めたい」と、悩んでいたとしてもです。

 

とはいえHSPで看護師は大変

ただ、やはり看護師という仕事の大変さを考えると、HSPにはしんどい職業です。

他にも世の中、仕事はたくさんあります。

普通の人にはあえて、過酷な看護師を選ぶ理由がありません。

 

なので、HSPにもかかわらず看護師になった人は、逆を言うとそれだけ強い「やりたい」があったのだと思います。

それだけの理由がないのなら、私も看護師は、正直HSPの人におすすめはしないです。

 

HSPに向いていない仕事の話は、こちらの記事も参考にどうぞ。

私が、精神科閉鎖病棟師長に「は?なに?」と、バッサリやられた話がありますw

 

なぜHSPに看護師は向いていないのか?

HSPに向いているとは思えないほどにハードな、看護師という仕事。

その理由は以下の3つ。

  1. 女性だらけの職場
  2. 夜勤など不規則な生活
  3. 人とのコミュニケーションが多い

 

HSPに看護師が向いてない理由①女性だらけの職場

看護師に限らず、女性だらけの職場はHSP危険地帯です。

女性の先輩には、めちゃくちゃ気を使います。

女性特有の派閥というか、グループ争いもあります。

 

女性は、5人もいれば、どこかはバチつきますからねw

 

お弁当工場でビビる高校生の私

私は高校生の時に、お弁当工場で派遣で働いてました。

パートやアルバイトの女性が多く、9割女性。

30後半から50代の人が多かったです。

 

職場の人間関係、最悪でしたw

その場にいない誰かの悪口を、みんなすぐに言う。

 

我々派遣への悪口は、お昼の食堂で聞こえよがしに行ってくる始末w

 

やまざき
高校生ながら「やはり女だらけの職場に行ってはいけない」と、思いましたね。

 

HSPに看護師が向いてない理由②不規則な生活

夜勤があったり、早番遅番などのシフト制だと、生活が不規則になりがち。

HSPは刺激に敏感。

 

日常的に、たくさんの刺激を受けています。

そこから回復するには、睡眠や規則正しい生活などが必要。

不規則な生活だと、むしろ追い打ちをかける形に。

 

別な方法で心身の回復を図るか、規則正しい生活ができる職場に転職するなど、工夫が必要です。

 

HSPに看護師が向いてない理由③コミュニケーション多すぎ

看護師は、職場の仲間や患者さんと、コミュニケーションをたくさんとる仕事。

人間関係やコミュニケーションは、相手があることなので、自分でコントロールができない部分も多くあります。

そのため、ストレスも溜まりやすいです。

 

職場でも、高いコミュニケーション能力が求められるので、HSPの人はストレスをためやすいです。

 

看護師さん怖すぎ問題

看護師さんって、圧が強い人多くないですか?

現役の看護師さん、怒らないできいて欲しいんですけどw

 

看護師さん、物言いがきつい人、多くないですか?w

 

そんな良い方しなくてもいいのにって…w

 

もちろんそうじゃない看護師さんもいっぱいいますけど。

 

他の職業の人と比べて、看護師さんは物言いがきつい人が多い印象。

HSPの人には、しんどいと思います。

私はめっちゃしんどかったですw

 

本当にしんどいなら退職代行

看護師の仕事は、本当にハード。

  • 続けるのが無理
  • このままだと心身を病む
  • もうダメだ

と思うなら、退職しましょう。

 

自分で退職の申し出をするのも怖いなら、退職代行です。

人生、全力で逃げるべき時があります。

 

HSPにおすすめな退職代行はこちら。

いずれも退職率100%です。

 

退職代行については、こちらで詳しく書いています。

知っておくと、いざという時の切り札になります。

 

HSPで看護師が向いていないと思ったら

看護師に向いていないと思った時の対処法は、以下のとおり。

  1. 別の職場に転職
  2. 看護師の仕事を辞める
  3. 働き方を変える

 

対処法①別の職場に転職

看護師に向いていないのではなく、職場が合っていないだけの可能性があります。

看護師として働ける、別の職場に転職しましょう。

 

看護師は、全国どこでも求人が大量にあります。

辞めても仕事はたくさんあります。

時間や精神力を浪費する前に、辞めましょう。

 

転職サイトも、看護師求人に特化したものだけでも、大量にあります。

 

生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』

  • 完全無料
  • 見学や面接のセッティングもやってくれる
  • 職場レポートや友達紹介などで、報酬をもらえる

 

看護師の転職ならジョブデポ看護師

  • サイトが使いやすい
  • 日本全国の公開求人多数
  • 無料登録すれば、条件のいい非公開求人も多数閲覧可能

 

ナースパワー人材センター

  • 利用者数10万人以上の実績
  • 看護師紹介専門25年の大ベテラン
  • 首都圏はもちろん札幌から沖縄まで全国に13拠点ある

 

転職サイトやエージェントは、複数登録が基本。

比較することで、自分に合うところが見つかりやすいです。

 

転職を成功させるポイント

転職して、当たりを引くためのポイントは以下のとおり。

  • やりたいことをリストアップ
  • やりたくないこともリストアップ
  • 2つのリストにできるだけ合う職場を見つける

 

例えば、

  • もっと人数が少ない職場がいい
  • 2人1組で仕事する職場はイヤ
  • 個人の病院とかで働きたい

とか、とにかく思いつくままリストアップしましょう。

 

「やりたいこと」よりも「やりたくないこと」の方が、欲求に直結しています。

そのため、自分に正直に「やりたくないことリスト」も作りましょう。

自己理解が深まります。

 

このやりたくないリストを作るという考えは、「人生攻略ロードマップ」という本で学びました。

この本を読むと、もっと自由に生きていいんだなと思えます。

「働く」とか「生き方」における考え方が、変わる本です。

 

対処法②看護師の仕事を辞める

どうしても看護師が向いてないと思うなら、辞めるのもアリ。

「何度転職しても、やっぱり看護師が合わないと感じる」

「普通の会社員になりたい」

など、看護師という仕事自体に向いていない思うなら、看護師以外の仕事についても良いんです。

 

これまで看護師として働いてきた時間も、もちろん無駄じゃありません。

あなたが、自分に合った仕事を見つけるのに、必要な時間です。

 

転職サイトなどで、気になる求人をまずは見てましょう。

おすすめの転職エージェントは以下の3つ。

 

転職エージェントは、複数登録が基本。

複数登録してみて、合うところで本格的に転職活動するのが良いかと。

 

自分に合ってる仕事がわからない時

無料で診断できるミイダスなら質問に答えるだけで、適職がわかります。

  • 自分に向いてる仕事
  • 向いてない仕事
  • 苦手な上司のタイプ

などがわかりますよ。

これ系の診断はいっぱいありますが、ミイダスが一番精度高かったです。

 

私が苦手な営業もバッチリ当ててきましたw

質問数は多めですが、その分だけ正確です。

 

>>無料でミイダスの適職診断を受ける

 

対処法③働き方を変える

最後は、会社や組織に雇われて働くのをやめる方法です。

パート、アルバイト、フリーランスなど、働き方自体を変える方法ですね。

 

看護師でも、それ以外でも、結局何度転職しても働くことがつらい場合、そもそも会社員という働き方が合っていない可能性もあります。

働き方を変えて、フリーランスや副業とパートの兼業とかで働いたほうが、良いケースも。

 

体験談:国家資格を捨ててフリーランスになった私

「せっかくとった看護師の資格がもったいない」と思う人もいるかもしれません。

私も、臨床心理士と公認心理師の資格を持っていますが、現在フリーランスでライターをやっています。

 

資格を生かして、対人支援の仕事をしていましたが、心理や福祉の業界はとにかく給料が安いです。

仕事の大変さと給料の割の合わなさもあり、悩んだ末に私は心理士として働くことを辞めました。

 

結果、現在はフリーランスとして快適な働き方ができています。

 

絶対に転職が成功する保証はありません。

しかし、絶対に失敗する保証もありません。

 

看護師なら、求人は常にたくさんあります。

もし、看護師に戻りたくなったら、その時に戻ればいいんです。

 

時間や心を消耗する前に、やりたいと思ったことをやってみましょう。

 

どうしても人生の迷いが消えない人へ

「転職もフリーランスも、心惹かれるものの、今一つ決断できない」という人もいると思います。

大事な人生の選択です。

迷って当然です。

 

私も、かなり迷ってました。

文章で書くと、あっさりフリーランスになったように見えたかもしれません。

でも、実際には、散々悩んでますw

 

転職サービスの限界

キャリアの悩みにこたえきれないのは、現在の転職サービスの限界だと思います。

転職サービスは、実際に転職を成功させて報酬になります。

そのため、とにかくさっさとお客さんを転職させるのが大事。

 

  • 転職しようか、現職に残ろうか
  • 自分にはどういう仕事があっているのか
  • この年で転職して大丈夫か不安

といった、お客さんの話を聴くゆとりがありません。

 

会社や、担当のエージェントさんによる差はもちろんあります。

ただ、現状転職エージェントでは、

  • 自分の人生の目的
  • キャリア選択の不安

といったところに対応できません。

 

キャリア相談ができるサービスもある

最近、この辺のニーズをキャッチしてくれるサービスが出てきています。

おすすめはこの3つ。

  1. ポジウィルキャリア:熱意あるカウンセリングが魅力
  2. 【マジキャリ】 :値段とのコスパが最強
  3. mentors:単発相談も可能で使い勝手がいい

ポジウィルキャリア【マジキャリ】無料相談があります。

どっちも無料相談してみれば、キャリアカウンセリングがどんなものかわかって、自分に合う方を選びやすいです。

 

無料相談だけでも、自分の人生を変える気付きを得ている人もいます。

自分のキャリアに納得感を持つための方法として、知っておいて損はないです。

 

まとめ:早く行動する方がいい

看護師は、人材不足で求人もたくさんあります。

今いるところが嫌なら、さっさと転職したほうが失敗しても傷が浅いです。

 

看護師専門の求人サイトも、たくさんあります(うらやましいw

 

もっとキャリア自体について、悩みを聴いて欲しい人は、この辺が使えます。

 

ポジウィルキャリアとマジキャリは、無料相談もできます。

無料相談を使ってプロ目線で、自分が看護師に向いているかアドバイスをもらうのもアリです。

 

あなたが、自分のキャリアに納得感を持てる日が来るよう、応援しています。

-HSP, 働き方・転職
-, ,