せんさい!

HSPで内向型でコミュ障な臨床心理士が生きやすくなる方法を考えるブログ

HSP LIFE 働き方

HSP当事者が考える失敗しない適職の探し方

投稿日:2021/07/20 更新日:

「HSPで自分に合った仕事がなかなか見つからない」

「転職エージェント使う方法がピンとこない」

「HSPの適職って言われてる仕事してるのにつらい」

 

この記事は、こうした悩みに答えていきます。

 

この記事で分かること

  • 適職探しでの悩みが減る
  • HSPが実際に適職を見つけた方法が分かる
  • 自分の適職を見つけるための方法が分かる

 

適職を見つけるというと、これでもかというくらい転職エージェントの広告が出てきます。

そんな広告を見るたびに、私は

「普通の人ならそれでうまく行っても、どこかおかしい私はどうせ無理だろうな」

と思っていました。

 

実際、私は転職エージェントを使って転職したところは、自分史上最短の1年で辞めました。

 

私は「普通の生き方をして幸せになれるのは、普通の人だけ」と思っています。

 

  • 転職エージェントなど、よくある方法がイマイチピンとこない
  • というかむしろ転職エージェントですでに失敗してる

といった私のようなHSPが適職を見つけるための方法について、この記事では考えていきます。

 

HSPの適職探しが難しい理由

適職診断とか自己分析とか、正直あんまりいみないです。

 

いや、意味ないって言ったら言い過ぎかもなんですけどw

本当に効果があるんだったら、世の中みんなもっと楽しく働けてるんじゃないのって思っちゃうんですよね。

HSPじゃなくても、みんな日曜の夜に憂うつになってるし。

 

私は臨床心理士と公認心理師の資格を持っています。

 

職業適性をはかるテストもあるにはあるんですよ。

でも、信頼性はどれもイマイチ。

実際にその仕事をした時の、未来の予測は難しいんですよ。

 

 

世の中それだけ

  • 楽しく働く
  • 適切な労働時間でそれなりの給料をもらう

とかが難しいってことだと考えています。

 

そもそも就職、転職はガチャ

そもそも就職や転職は、ガチャです。

ガチャがよく分からない人は、宝くじかなんかだと思ってください。

 

自分に合った仕事につくって、運任せ。

しかも、かなり確率が低いゲーム。

 

仕事内容や人間関係、上司などいろんな要素があります。

仕事内容が合っていても、人間関係殺伐としてたらしんどいです。

 

当たりを引くために超えるべきハードルの数も多すぎ。

特にHSPなら、なおさら。

 

適職でも、職場の人間関係がアウトだったら結局ハズレなんですよ。

 

 

嫌な仕事はさっさと辞めるべき

私はイヤな仕事は、さっさと辞めるべきと考えています。

その理由がまさに「就職、転職はガチャだから」です。

 

運任せで、努力でどうにかできる話じゃないんです。

 

アプリゲームのガチャもそうじゃないですか。

欲しいものがあったら、ひたすらに石集めてガチャ回す。

私は転職をそういうものだと思っています。

 

職場選びで失敗したら、それはあなたのせいじゃないです。

もうハズレひいちゃったらしょうがないんです。

がんばってもダメなら、さっさと次に行くのが一番ダメージ少なくて賢い選択なんです。

 

 

反論「そうはいってもお金がないと…」

さっさと退職すればいいに対して、よく

  • 「そうはいってもお金が必要」
  • 「生活があるからやめられない」

という反論があります。

 

それはそうです。

言ってること何も間違ってないです。

 

でも、私はそれでも辞めてもいいと思っています。

 

メンタル病んだら再起不能になりますよ。

仮に再起できても、

  • 服薬が欠かせない
  • 再発の不安におびえる
  • ふとした瞬間に心のトラウマが思い出されてつらい

という生活です。

 

お金のことを言うんだったら、さっさと辞めて、バイトや派遣するのもアリ。

それができないのは、お金が理由じゃないからです。

 

「ここで辞めたら、ダメな奴だと思われる」

「正社員じゃなくて、バイトなんてかっこ悪い」

とか、そういう世間体を気にしているからです。

 

私も、かつては公務員だったこともあるくらい安定志向でした。

正社員以外で働くなんて、そもそも考えたこともありませんでした。

 

ただ、私の場合は、世間体以上に仕事のつらさが上回り退職。

最終的にフリーランスとなったことで、確実に仕事は楽になりましたね。

 

結局、世間体なんて気にしてもしんどいだけです。

 

退職が自力でも無理なら退職代行

退職すること自体がしんどい人は、かくなるうえは退職代行です。

 

私も今、フリーランスで自分に合った働き方がようやくできてます。

それでも、ふとした時に、上司に怒鳴られた記憶がよみがえってしんどくなったりしてます。

 

無理し続けることで、そういう「いつまで経っても自分を苦しめてくる記憶」は増えていきます。

精神的な借金を増やしていくようなものです。

 

退職代行はこの辺がおすすめ。

いずれも退職率100%。

 

退職代行について、詳しくはこちらの記事でも解説しています。

退職代行を使っていい!傷つきたくないHSPの退職術

いざという時の切り札として、知っておくと便利。

 

適職を見つける方法

生きていくうえで、仕事はして、お金は稼ぐ必要があります。

じゃあ、どうするか。

 

私が考えた方法は、以下の3つ。

  1. 当たりを引く精度をあげつつ、当たりを引くまで転職し続ける
  2. 現職で頑張る方法を見つける
  3. 働き方自体を変える

 

仕事の探し方①適職を見つけるまで転職し続ける

適職を見つけるまでとにかく、転職し続けます。

 

この方法のメリット

  • ハズレを引いてもすぐ辞めればいいだけ
  • 仕事はたくさんあるので、難易度は高くない
  • 何度も転職に挑戦する気持ちさえあれば、だれでもできる

 

この方法のデメリット

  • 何度ハズレを引いても、折れない強い心が必要
  • 転職回数が増えると、転職しずらくなる可能性がある
  • 歳をとるほど、転職が難しくなる

 

適職見つけるまで転職作戦で何とか生きてる友人の話

実は、私の友人(30代後半)は、とにかく適職を見つけるまで転職作戦で生きています。

うつでメンタルクリニックに通っています。

 

  • 給料未払い
  • 上司が最悪
  • パワハラ

など、かなりスパイシーな会社をいくつも経験しているのですが、何度も転職にチャレンジしています。

 

現在は、かなり給料も良いところで、それなりに働けています。

「またイヤになったら、辞めて転職すればいいだけ」とのこと。

 

最近は転職してない人の方が珍しい時代。

30,40代での転職も普通によくあります。

 

こういう生き方もアリです。

 

仕事の探し方②現職で頑張る

現職で頑張る作戦もアリです。

現職が嫌すぎて、毎日体調悪いとか泣いてばかりいるって人は退職一択ですけどw

 

「なんとなくこの仕事に違和感がある」

「仕事は楽しいけど、人間関係がイヤ」

「収入は良いからやめたくないけど、面白くない」

みたいな人なら、現職に残ったほうがいい可能性も十分あると思います。

 

自分らしく働くことについて、考えたい人は、こちらの記事もどうぞ。

なぜHSPは自分らしく働くことが難しいのか?【解決法アリ】

HSPの人が、自分らしく働くためのコツをまとめました。

 

仕事が嫌っていうと転職サービスすすめるのやめろ

仕事がイヤっていうと、どこもすぐ転職サービスすすめてくるじゃないですか。

広告でも、すぐ転職サービス出してくるっていうw

 

「仕事が嫌っていうと転職サービスすすめるのやめろ」

と思ってる人もいると思うんですよ。

 

転職エージェントは転職ありき。

転職すべきか、現職に残ったほうがいいのか。

自分の働く目的、人生の目的探しみたいな悩みは、聴いてくれません。

 

向うも転職してもらうことで報酬になるシステム。

いつまでに何社申し込めとか、大量のメールと電話でせかしてくる。

 

仕事が嫌っていうと、転職サービスすぐすすめられることに違和感を感じるのは、もっともだと思います。

 

【朗報】悩みをプロが聴いてくれるサービスが増加

ポジウィルキャリア は、転職だけではなく、広く働くことの悩みを相談できます。

「今の仕事にどこかやりがいを感じない」

「転職すべきか、現職に残るべきか迷っている」

「正直、自分が何をやりたいか分からない」

などの悩みをプロ目線で聴いてくれます。

 

ポジウィルキャリアには、無料相談もあります。

まずは無料で相談してみて、自分にどんな変化があるかを体感してみるのがいいかと。

無料相談でも、いろいろ気づきがあるかもしれません。

 

元リクルートの若い女性が社長をされている会社です。

転職エージェントでできないことが、できるサービスです。

 

ポジウィルキャリアについて、詳しくはこちらの記事でまとめています。

ポジウィルキャリアの評判・口コミから自分に合っているかを考えよう

新しいサービスなので、知っておいて損はないです。

 

仕事の探し方③働き方を変える

会社員ではなく、フリーランスになるとかですね。

 

何度転職しても、働くのがつらい人は合っていないのが、職場じゃなくて会社員という働き方の可能性があります。

 

実際、私もこれです。

公務員→民間正社員→民間契約社員と転職を経験。

けれども、どこにいてもつらい。

 

  • 1人で静かに仕事したい
  • 苦手な人と一緒に仕事したくない
  • 苦手な満員電車で通勤したくない

とずっと思っていました。

 

世間一般的に言えば、ただのわがままだと思います。

でも、フリーランスになったことで実現できました。

 

いろんな働き方がある

フリーランスはあくまで、選択肢の1つ。

 

他にも、正社員でもリモートで働くという方法もあります。

現在は、リモート求人に特化した求人サイトもあります。

 

フルリモート求人特化型転職支援サイト【ReWorks(リワークス)】

 

HSPの人にとっては、仕事がリモートになるだけでも楽なはず。

 

登録無料なので、とりあえず登録してみて、求人を見てみましょう。

ピンとくるものがあるかも。

 

他にも、会社員やりながら副業、地方でフリーランスとか、いろんな働き方があります。

自分が何がやりたいか、あるいは何がやりたくないかを整理しましょう。

 

それを叶えている人の働き方などを参考にすれば、新しい働き方が見つかるかも。

 

副業に興味がある方は、こちらもどうぞ。

HSPにおすすめの副業を厳選【生活が楽になる】

月2,3万円くらいなら、会社員でも普通に稼げます。

 

まとめ:行動しなければ何も変わらない

結局、適職を見つけたいと思いながら、何も行動しなければ何も変わりません。

実際、行動しない人が多いですよ。

 

でも、それはそれで現職がそこまで嫌じゃないってことなんだと思います。

 

「いやいや、もうちょっと今の仕事が限界」

「自分は本気で自分らしい働き方がしたい」

と思っているなら、行動あるのみです。

 

心身ヤバい人は、とにかく退職から。

 

リモート求人に興味がある人は、リワークスを覗いてピンとくる仕事を探しましょう。

フルリモート求人特化型転職支援サイト【ReWorks(リワークス)】

 

ちょっと自力で考えるのが無理、人に話聴いて欲しい人はポジウィルキャリア

 

フリーランス興味ある人は、このあたりの本から読んでみるのがおすすめ。

世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生

 

行動と失敗の積み重ねの先で、あなたが自分の適職を見つけられるよう応援しています。

-HSP, LIFE, 働き方
-

関連記事

テックアカデミーの評判・口コミ【HSPに一番向いてるかも】

「テックアカデミーの評判、ひどいとか最悪とか見るけどどうなの?」 「どういう人にテックアカデミーが向いているのか知りたい」 「テックアカデミーで転職できるかな?」   この記事は、こういった …

なんでこんなに疲れるの?HSPに営業が向いてない7つの理由!

営業の仕事すごい疲れる…向いてないのかな? もっと仕事で楽したい…どうすればいい? 正直やめたいけど、生活もあるし、転職だって大変だよ…   この記事はこうした、疑問や悩みに答えていきます。 …

【体験談あり】HSPにブログが向いてると思う3つの理由

「SNSとかで交流したいけど、HSPでツイッターとかはちょっとしんどい」 「ブログやってる人結構多いけど、どうなの?」 「文章とか書くの好きだから、ブログとか書いてみたい」   この記事は、 …

おかしいのは自分だけじゃなかった!「繊細さん(HSP)」の本を読んで

もはや繊細さんのバイブル 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本   とにかく分かりみが深い。   「冗談交じりのささいな一言なのに、受け流せずにグサッときて …

損しない国民年金の払い方【クレジットカードも使える!】

知らなかった…国民年金がクレジットカードでも払えるなんて…! しかもポイントもつくなんて…!   会社員であれば毎月の給料から引かれる国民年金。 フリーランスやニートの場合は自分で払わなけれ …

アドセンススクエア




プロフィール

プロフィール

管理人の山崎ぽて丸です。

臨床心理士・公認心理師。

専門性に基づいたライティング、心理学の知見を応用したマーケティングが得意。

Google検索上位1位記事執筆歴あり。10位以内は多数!

山崎のプロフィールやお仕事のご依頼についてはこちらよりどうぞ。

ラジオ

【stand.fmにてラジオ配信中

コミュニケーションが苦手だったり、何かしら生きづらさを抱える人たちが生きやすくなるための情報を発信。

ツイッターウィジェット