【副業体験談】評判のShinobiライティングで稼げるか試してみた | せんさい!

せんさい!

HSPで内向型でコミュ障な臨床心理士が生きやすくなる方法を考えるブログ

働き方 副業

【副業体験談】評判のShinobiライティングで稼げるか試してみた

投稿日:

  • Shinobiライティングを使った人が実際にどれくらい稼げたのか知りたい
  • どういう人にShinobiライティングって向いてる?
  • Shinobiライティングで稼げるっていう人と、稼げないっていう人がいるのなんで?

 

この記事はこうした疑問に答えていきます。

 

私、山崎は現在フリーランスのWebライターとして働いています。

フリーランスで独立して3か月目くらいの頃。

うわさに聞いたShinobiライティングを実際に使ってみました。

 

今回はそこでの体験談をまとめつつ、Shinobiライティングをレビューしていきます。

 

Shinobiライティングって何?

Shinobiライティングというのは、文章を書いて稼げるサービスのこと。

案件をこなすとポイントがたまります。

 

1ポイント0.5円で報酬が受け取れます。

 

報酬は現金での銀行振り込み、Amazonギフト券、PeXポイントギフトなどに交換可能。

 

案件には、決まったタイトルに添って文章を作るタイプや、動画を文章化するものなどいろいろ。

 

Shinobiライティングいくら稼げたの?

1000円です。

2980ポイントゲットして、換金が500ポイント単位とかだったんで、1000円だけゲットできました。

480ポイント残ってるんですけど、もう捨てる気でいますw

 

こなした案件数:5

記事作成にかけた時間:2時間半(1記事30分くらい)

文字単価:0.4円くらい

時給換算:時給400円

 

なので、本当にお小遣い程度の額なら稼げる感じ。

ほかのレポとか見ると結構万単位の額稼いでる人がいるけど、正直難しいです。

 

お金稼ぎ目的でやるのには向いていません。

 

  • ちょっとたばこ買うお金稼ぎたい
  • 副業とか全然経験したことない人の最初の1歩
  • ライティングを試しにやってみたい

みたいな人にはアリかなという感じです。

 

理由を解説していきます。

 

Shinobiライティングは案件数の波が激しい

Shinobiライティングですが、案件ない時はずっと0でした。

やれる仕事がありません。

 

私もとりあえず1週間くらいは、毎日ログインして様子見してみることにしました。

で、5日目くらいで急に1000件以上案件が出てきました。

 

これは、全部料理レシピ系の動画をひたすら文章化する案件。

ひたすらリンクにある料理動画を見て、

  • 料理の概要
  • 材料と分量
  • 料理の手順
  • コツやポイント

をひたすらルール通りに文章化する作業でした。

 

私が稼いだお金も、5記事中4つはこれです。

もう1つは、占いに関する記事。

 

ちなみに、この1000件ほどあった案件も数日で消滅。

 

Shinobiライティングで「稼げる」っていう人と「稼げない」と言っている人がいる原因はここにあるかなと思います。

 

運よく稼げる案件があるタイミングで、Shinobiライティングを使えれば「稼げる」という感想になります。

しかし、案件が全くないような状態でShinobiライティングを使い始めた人にとっては、「稼げない」という感想になります。

 

それくらい案件数の波は、激しいです。

 

案件をこなしてもスキルアップにつながらない

「稼ぐ」「仕事としてやる」という観点で考えると、Shinobiライティングの案件はスキルアップにつながりません。

「自分こういう記事書いたことあります!」という実績としても使えないです。

 

決められた単語を決められた回数使うとか、そういうライティングをする上での書き方のルール(レギュレーション)を守って文章を書くという体験にはなります。

レギュレーションも難しくないです。

 

そのため、副業とか初めてって人が、自分の力でお金を稼いでいくという経験をするための手段としてはアリかなと思います。

 

謎のエラーではじかれる問題

私がShinobiライティングをやめたのは、これが理由です。

ここで一気に冷めましたw

 

Shinobiライティングは文字単価が安いです。

そのため、お金を稼ぐには、1記事をできるだけ早くこなしていくのが必要な戦略。

 

がしかし。

謎のエラーで仕事を納められませんw

 

おそらく、システム側で特定の単語が複数回数以上使われていると、コピペか何かを疑われるようです。

そのため、一応指示事項は守っていても、どこかの単語が反応して、謎のエラーで仕事を納められませんw

そうなると、文章の作り直しが必要になります。

 

でも、そんな時間かけるほどの収入が得られるわけじゃないです。

私はここで一気に冷めて、Shinobiライティングをやめましたw

こういうよく分からない理由ではじかれるのは、ストレスも溜まりますしねw

 

副業やライターのはじめの一歩的にはアリ

そんなわけで、稼ぐのはかなり厳しいShinobiライティング。

でも、副業やライターを始める最初の1歩的にはアリだと思いました。

 

始めるハードルがめっちゃ低いです。

 

Shinobiライティングへの登録は無料。

失敗して、時間を失ってもお金は失いません。

 

運よくやれる案件があれば、レギュレーションに添って文章を書くというライター体験ができます。

お金をゲットできれば、自分の力で稼ぐという体験ができます。

 

そうした意味では、Shinobiライティングは始めるハードルが低いので、アリです。

ランサーズとか、クラウドワークスのプロジェクト案件とかは、提案文作って企業に提案とかしないとです。

しかも、1つの案件に何人も応募していれば、競争も激しいです。

それに比べれば、かなりやりやすいと思います。

 

 

とにかくまずはアクションを起こそう

  • ライターやってみたいな。
  • 副業やってみたいな。

と思ったら、とにかく実践あるのみです。

 

やってみようと思ったら、まずはやってみることが大事。

勉強してよく調べてからにしよう、と思ってる場合、いつまでたっても一歩を踏み出せないまま終わります。

 

勉強は実践しながらやればいいんです。

 

副業においては、とにかく最初の1円を稼ぐという体験をするのが大事です。

まずは金額無視で、

  • 自力で稼ぐことの難しさ
  • 案件が承認されるかどうかのドキドキ感
  • 案件やろうか迷ってるうちに人にとられた悔しさ

とかとにかくそういう経験をすることに、意味があります。

 

そうした体験を含めて、副業を続けられそうか、それともやっぱり会社員で十分なのかなど判断材料が得られます。

 

まずはとにかくやってみましょう。

 

 

まとめ:とにかくやってみましょう

副業、ライターに興味ある人は、とりあえず登録してShinobiライティング使ってみましょう。

稼ぐのは難しいですが、やり始めるハードルはめっちゃ低いです。

 

むしろ、Shinobiライティングのスタートでつまづくようなら、フリーランスとか、副業とかやめて大人しく会社員のままでいた方が良いまであります。

 

興味がある方は、ぜひ使ってみてください!

-働き方, 副業
-, ,

関連記事

HSPにおすすめの業界とメリットを大公開!【未経験でも大丈夫】

「仕事の大変さに、給料が見合ってない気がする」 「仕事や職種だけじゃなくて、業界にもHSPに向いてるところってあるかな?」 「未経験の業界でも転職できるかな?」   この記事では、こうした疑 …

【30代の転職体験談】契約社員になって人生変わった話

30代の転職で契約社員に転職するのはアリかな? もし失敗した時、歳とってる分、次の転職はもう厳しい… 正社員の方が待遇良いし、世間体もあるから契約社員になるの勇気いるわ… かといって、転職活動してて正 …

【口座開設だけで1000円もらえる】みんなの銀行のデメリット3つ

みんなの銀行でキャンペーン中のため口座開設するだけで、1000円もらえます。 しかし ただで1000円もらえるなんて怪しい デメリットがあるなら先に知っておきたい という人もいるはず。   …

転職エージェントが合わない本当の理由【解決法もある】

「転職エージェントが合わない」 「希望に合う求人の紹介がない」 「転職がうまく行く気がしない」   この記事は、こうした悩みにこたえていきます。   この記事で分かること 転職エー …

会社員をやめてフリーランスになる時、背中を押してくれた本

会社やめたい。 会社員だった時、毎日そう思っていました。   7年間の間に2回転職をして、3つの組織を経験しました。 どこの組織にいても常に生きづらさがありました。   何回転職し …

プロフィール

プロフィール

管理人の山崎ぽて丸です。

臨床心理士・公認心理師。

専門性に基づいたライティング、心理学の知見を応用したマーケティングが得意。

Google検索上位1位記事執筆歴あり。10位以内は多数!

山崎のプロフィールやお仕事のご依頼についてはこちらよりどうぞ。

ラジオ

【stand.fmにてラジオ配信中

コミュニケーションが苦手だったり、何かしら生きづらさを抱える人たちが生きやすくなるための情報を発信。