【フリーランスに必要な貯金額】稼げない私が我慢をせずに生活できている理由 | せんさい!

せんさい!

HSPで内向型でコミュ障な臨床心理士が生きやすくなる方法を考えるブログ

働き方

【フリーランスに必要な貯金額】稼げない私が我慢をせずに生活できている理由

投稿日:

  • 「フリーランスになる前に、いくら貯金しておけばいいの?」
  • 「実際に、フリーランスで生活してる人の支出はどんな感じ?」
  • 「貯金するには、どうしたらいいの?」

 

この記事では、こういった疑問に答えていきます。

 

私は2021年から、フリーランスとして仕事をしています。

月収は、会社員の時よりも、0がひとつ減りましたw

けれども、生活には困っていません。

 

好きなアニメのBlu-ray買ってます。

外食もするし、舞台やライブも行ってます。

ペットの犬とハムスターも養えてます。

 

この記事で分かることは下記のとおり。

  1. フリーランスに必要な貯金額
  2. 稼げないフリーランスが我慢せずに生活できてる理由
  3. 貯金するための方法

 

これからフリーランスになりたい人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

フリーランスになる前に必要な貯金額

フリーランスになる前に必要な貯金額はいくらか。

結論、「最悪1年間、無収入でも生きていける額のお金」です。

私がフリーランスになる時に参考にした、世界一やさしいフリーランスの教科書 1年生という本に書いてありました。

私の体感としても、1年間分というのは納得です。

 

計算する時は「最低限」の金額で、良いと思います。

どこまでを最低限にするかは人それぞれですが、自分なりの最低限で計算しましょう。

 

ある程度、余裕を持っておきたい人は×1.5しましょう。

 

ちなみに、私は1年間240万円見積もってました。

月20万円必要な計算ですね。

 

なんで貯金の必要があるのか?

フリーランスになる時に、貯金は絶対に必要です。

お金がないと、メンタルにくるから。

 

フリーランスになりたての頃は、出費が増えて、収入が減ります。

  • 稼ぎが少ない
  • 新しい生活スタイルに慣れるために、時間とられる
  • 家にいる時間が多いから光熱費とかの出費が増える

 

稼げてないし、仕事のない時って「今後、稼げるようになる保証」も感じられないので、すごく不安。

貯金がないと、しんどいです。

 

貯金がないとフリーランスとして、軌道に乗る前に、心が先に折れる可能性があります。

貯金は必要です。

 

最低限の生活に必要なお金の種類

いざ、自分に必要な最低限のお金の額を計算する時に、どんなお金が必要になるのか?

ざっと挙げてみました。

 

  • 家賃
  • 駐車場代
  • 水道光熱費
  • 税金(国民健康保険、国民年金、住民税)
  • 食費
  • 通信費(スマホ、ネット)
  • 娯楽費(漫画、本、お出かけ、その他趣味)
  • 借金(ローン、奨学金)
  • ガソリン代

こんな感じかなと思います。

 

娯楽費って必要?

娯楽費も最低限必要なお金に含めるべき、と私は考えています。

ないとしんどいから。

 

精神衛生的に考えれば、趣味や娯楽に時間をかけることは必要です。

 

もちろん、お金使いすぎなのは論外ですw

フリーランスとして、ちゃんとやっていく気ないようなレベルで使いすぎるのはダメですw

 

趣味に時間をかけることで

  • リフレッシュできる
  • また明日から頑張ろうと思える
  • 趣味でお金使うために、頑張って働こうと思える

といった「趣味があることによるポジティブな効果」は、フリーランスとしてやっていくうえでも重要です。

 

この後、具体的に紹介しますが、私も趣味にかけるお金は削っていません。

オタクなので、アニメや漫画、舞台やライブにお金使ってます。

  • ライブに行きたいから、苦手な営業も頑張る
  • 舞台で推しを見て、自分も明日から頑張ろうと思える

と、効果絶大です。

 

趣味にかけるお金は、必要です。

 

実際のフリーランスの1か月の支出

では早速、私が1か月にどれくらいのお金を使っているのか見ていきましょう。

ざっくりこんな感じ。

家賃 60,000円
国民健康保険 16,000円
国民年金 16,000円
住民税 20,000円
ガス代 3,000円
電気代 4,000円
水道代 2,000円
食費 20,000円

通信費

4,000円

娯楽費

20,000円
投資 30,000円

合計19万8000円。

約20万円ですね。

 

事前の見積もりと、大体同じです。

 

住民税は毎月じゃなくて、期ごとの支払いです。

電気代とか、季節でかなり開きがあります。

なので、かなりざっくりした感じの計算ですが、だいたいこんなもんです。

 

固定費少ないです

食費は、お菓子とか外食全部含めて2万円です。

一人暮らしの食費平均約4万円に比べて、半分です。

 

しかも、通信費は自宅のネット回線の4000円のみ。

 

私は固定費は、少ない方です。

どうやって節約するのかは、後ほど節約方法、貯金方法のところで解説しますね。

 

固定費が少ないので、趣味にお金を使えています。

大体毎月、何かしらのライブとか舞台とか、イベントに行ってます。

行った先で、外食もしてます。

 

投資をする余裕もある

毎月3万円、資産運用もしてます。

2つやってます。

 

毎月1万と2万入れてます。

将来への備えができているという、安心感を持てるので、余裕資金でやっておくのもアリ。

 

フリーランスの節約・貯金方法

私がやっている、節約・貯金の方法を紹介します。

 

スマホは格安SIMに

理由なくドコモやauに8000円とか使っている人。

プランを見直すか、格安SIMに乗り換えましょう。

 

大手キャリアを使う理由がないのに契約しているのは、本当にお金の無駄です。

今は、格安SIMも回線が安定しているので、大手キャリアを使うメリットは正直ありません。

ちなみに、私は楽天モバイル を使っています。

アンリミットで、1年無料です。

 

食費で無駄づかいしない

食費かけすぎは、経済的にも健康的にも良くないです。

食費は毎月のことなので、見直せる部分は見直して節約しましょう。

 

私が外食含めて毎月2万で済んでる理由は下記のとおり。

  1. 無駄にお菓子とかジュース買わない
  2. 買い物は週に1,2回
  3. 使う時と使わない時のメリハリをつける

 

無駄にお菓子とかジュース買わない

無駄にというか、私は基本的にお菓子ジュース買いません。

たまに、なんだか無性にポテチ食べたいなって思ったら買います。

そうじゃないのに、ルーティーンのように「買い物行ったらお菓子買う」、みたいなことはしません。

 

あると食べちゃうから。

 

食べたいものがある時には、我慢せずに買います。

でもそうでないなら、お菓子もジュースも買わないです。

 

買い物は週に1,2回

スーパーで、「専用のボトルを買うと、水が無料でもらえるサービス」あるじゃないですか。

買い物は、水をもらいに行くついでに週に1、2回だけにしてます。

そもそも買い物に行かなければ、お金使いません。

 

スーパーも行くと、ついつい買っちゃうので、頻繁に行かないようにしてます。

 

しかも、コンビニではなくスーパーにしか基本、行かないです。

コンビニは値段も高いので、要注意。

 

使う時と使わない時のメリハリをつける

節約ばっかりしてると、ストレスたまります。

無駄な買い物はしませんが、食べたいものは我慢せずにお金使ってます。

 

普段はスーパーで半額の総菜。

でも出かけた時とかで、お金使う時は、

  • 外で焼肉食べたり
  • 1000円とかするパフェ食べたり
  • お土産に1000円くらいお菓子買って帰ったり

そういうことします。

(どれもつつましいですがw)

 

なので、節約もできてるけど、ストレスはたまりません。

大事なのはメリハリです。

 

服とか年に1,2回しか買わないですけど、ライブとか舞台は毎月行ってます。

何が趣味なのかは人それぞれ。

ブレーキかけるべきところはブレーキかけて、アクセル踏むところは全力で踏みます。

お金を使うところと、使わないところのメリハリをつけていきましょう。

 

服買わない

私は、服に執着がありません。

服を買うのは年に1,2回です。

それも、ライブTシャツとか含めてですw

 

毎月、服買ってる人からすると、信じられないかもしれません。

 

友達とかで「お金たまらない」って人に、何にお金使ってるか聞くと大体みんな「洋服とか」言います。

服を買わない私は、「おうちでパリコレでもやってんのか!」って、いっつも突っ込みいれてますw

 

服買うのは年に1,2回の私からすると完全に謎ですが、世間一般的に考えたらおかしいのは私の方ですw

でも、身体が1個しかないのに、そんなに服いらないと思ってます。

フリーランスだと、ずっと家にいるでの、特に服いらないです。

 

服買うの好きって人は、お金かけるの全然OKと思います。

ただそうでないなら、いっそ服買わないようにするのアリです。

自分にとって不要な部分にかけるお金は、ごっそり削っていきましょう。

 

究極の貯金方法

これは貯金に関する、私の持論です。

酒・たばこ・ギャンブル・風俗・スタバをやめれば、お金たまります。

 

私は全部やってません。

 

下戸なのでお酒は一切ダメです。

飲むと体調悪くなるので、飲みません。

 

ぜんそく持ちなので、たばこも一切吸いません。

 

ギャンブルも一切やってません。

あえて言うなら、昔はソシャゲのガチャにお金使ってましたが、最近やめましたw

 

風俗には、キャバクラ、ホストとか、とにかくそういう色事系全部含みます。

こちらも私はHSPでコミュニケーションが苦手なので、興味ありませんw

 

スタバも、1杯でラーメン食べられるような値段のフラペチーノ飲むなら、スーパーで甘いジュース買った方が量も多くて満足。

年に数回、どうしてもホワイトモカが飲みたくなった時以外、行きません。

 

酒・たばこ・ギャンブル・風俗・スタバをやめる。

これだけでお金たまります。

 

使うところはちゃんとお金使いましょう

とはいえ、あなたにとって必要なお金は使っていきましょう。

我慢しすぎると、ストレスたまります。

それと、お金で時間を買うというのも考え方としてアリ。

 

スーパーで買い物すれば、確かにコンビニより安いです。

でも、コンビニの方が便利だったりするのも確か。

 

知り合いで、とにかく料理とか洗い物とか一切の家事が嫌で、弁当しか買わない人います。

しかも、買い物すら面倒だから、スーパーではなくコンビニで買ってるそうです。

お金は確かにかかってますが、めっちゃ時短にはなってます。

そういう生き方もアリです。

 

私は酒・たばこ・ギャンブル・風俗・スタバやりませんが、推しの舞台、ライブにめっちゃお金使ってます。

1回で1万円以上使うこと考えれば、スタバよりよっぽど高いですw

 

大事なのは、自分にとってそこにお金と使うことがモチベーションアップにつながるかどうかです。

自分のためになることには、お金使っていきましょう。

 

まとめ:自分のライフスタイルに合わせたお金の使い方を

フリーランスになるのに、必要な貯金額とか、支出の話をしてきました。

ただ、フリーランスといっても、生活の仕方は人それぞれです。

独身か、既婚か、子持ちかによっても大きく異なります。

 

大事なのは、あなたが快適と思える生活ができるかどうかです。

 

あなたのフリーランス生活が素敵なものとなるよう、応援しております。

-働き方
-, ,

関連記事

【すぐ泣いてしまう】よく泣くHSPがうまく行った2つの方法

「人前でも泣くのを我慢できない」 「涙もろいのを何とかしたい」 「自分の涙もろさを周囲に理解されなくてつらい」   この記事は、こうした悩みを持つ人向けです。   私も昔よく、「な …

退職時のお菓子おすすめ5選!職場に合ったタイミングで渡そう

「会社をやめるけど、どんなお菓子を渡せばいいんだろう」 「人数も多いし、正直あんまりお金を使いたくない」 「苦手な人に直接渡したくない」   この記事ではこうした疑問や悩みに答えていきます。 …

なぜHSPに翻訳家がおすすめなのか?【狙い目の仕事】

「HSPだから普通に会社員勤めするのはしんどい スキルを身に着けて、自信を持って働きたい… できれば在宅で仕事をしたいけど、翻訳の仕事がちょいちょい出てきて気になってる」   この記事はこう …

【暴露体験談】au15年ユーザーが楽天モバイルに乗り換えた5つの理由

時は2020年3月。 15年使い続けたauを解約して楽天モバイルに乗り換えました。 この記事を書いている2020年12月現在では三大キャリアにも格安のプランが出ています。 しかし、2020年3月当時は …

7年かけて公務員と民間企業の会社員どっちが良いかの問いに答えが出た

公務員と民間企業の会社員どっちが良いのかについて。 私の結論は どっちも向いてない です。   いや答えになってねぇよと思ったそこのあなた。 お座りください。 どうか冷静に。   …

プロフィール

プロフィール

管理人の山崎ぽて丸です。

臨床心理士・公認心理師。

専門性に基づいたライティング、心理学の知見を応用したマーケティングが得意。

Google検索上位1位記事執筆歴あり。10位以内は多数!

山崎のプロフィールやお仕事のご依頼についてはこちらよりどうぞ。

ラジオ

【stand.fmにてラジオ配信中

コミュニケーションが苦手だったり、何かしら生きづらさを抱える人たちが生きやすくなるための情報を発信。