趣味の創作

カスタマイズアイディア・素材集まとめ!【pictSQUAREピクトスクエア】

2021/02/14

※プロモーションを含みます

※2023年8月16日追加

【必読】

現在pictSQUARE(ピクスク)および関連サービスのpictBLand(ピクブラ)に登録されていた個人情報が流出しているとのことです。

長いですが、下記公式からのツイートは全ユーザー必読です。

今の最新情報はこちら↓

現状とるべき対策として私が収集した情報は以下のとおり。

  • 同一のメールアドレスやパスワードを利用しているサービスはアドレスとパスワードを変更をする
  • もはやどのメアドとPW使ってたか分からなかったら、お金関連など重要なものを優先してすべてユーザー名パスワードなど変えられるものを変える
  • サービスが復旧してもむやみにログインしない
  • 銀行口座に不審な入金などがあったらとにかく金融機関や警察に相談
  • ツイッターの連携を外す
やまざき
ツイッターやピクシブに関してはすでに乗っ取りが発生しているので、早く!!!

いくつか有益と思われるツイートを掲載します。

ツイッターみると有識者が色々な情報をつぶやいてくれています。

以下、ツイッターから引用であり、個人のツイートなどもあるため情報を鵜呑みにせずご自身での情報の取捨選択、ご判断を!

いつだって最後の最後に自分を守れるのは自分だ!

pictSQUAREピクトスクエア(ピクスク)でサークル参加する時に

自分のスペースいい感じにしたいじゃないですか。

それもできるだけ時間をかけずに簡単に。

 

今日はそんな欲張りなあなたの願いをかなえるために

私がかわりにいい感じなアイディアや素材をまとめておきました。

 

秒でできるような簡単な方法から、上級者向けの方法まで。

もはや知らなければ損まであるアイディアと素材集をまとめておきました。

 

ぜひ、あなたのサークル活動にお役立てください。

 

なお、基本的なサークル参加方法はこちらの記事を参考にどうぞ。

 

BOOTHでは、私の本「大丈夫会社をやめても生きていける」の電子版売ってます。

無料でちょっと読めます。

激ヤバ公務員時代とか、メンタル病んでどう復活したか、失業保険とかお金の話を書いたエッセイです。

文学フリマで完売した伝説の本。

 

ピクスクサークルカット編

まずはサークルカットから行きます。

基本的なサークルカットの作り方はこちらの記事をどうぞ。

 

サークルカットの表示個所は2つ。

  1. サークル参加リスト
  2. イベント会場内、自スペース右下の看板

(NO IMAGEのグレーのところです)

 

(右下の「200pt」とか書いてあるところです)

 

Picrew(ピクルー)使って2分でサークルカット作り

pictSQUAREのサークルカットをさくっと作れる(仮)

Picrew(ピクルー)の画像メーカーなら、2分でサークルカットが作れます。

 

こんな人におすすめ

  • 小説書きなどイラストソフトを持ってない人
  • もはや自分で作っている時間の余裕がない人

 

実際に私が2分で作った画像がこちらです。

 

とりあえず先に申し込みだけしたけど、サークルカットがまだ。

でも「NO IMAGE」になってるのは嫌だな…

という時に、このメーカーでこんな画像をつくって、とりあえず適当に貼っておいてはいかがか?

 

で、いったん「申し込みました」とツイッターあたりで告知。

サークルカットちゃんと作って差し替えたら、もう1回「サークルカットできました!」と再度告知。

 

ツイート回数を増やすことでの宣伝効果も期待できます。

 

Canvaを使う

Canvaというのはブラウザで使えるデザインソフトみたいなものです。

ドラッグアンドドロップで作れるので、絵描きじゃなくても大丈夫です。

 

こんな人におすすめ

  • フリーのペイントソフトだとなんかダサい感じになって困ってる
  • ちょっとおしゃれな感じのテキスト主体のサークルカット作りたい

 

canvaは解説動画も豊富です。

オリジナルのサイズで作る方法も解説してくれているこの人のがわかりやすいかなと思います。

 

 

また別の方が書いているnoteの解説記事も参考になります。

フォントも豊富。

文字の位置やサイズも自分でカスタマイズできます。

 

ピクルーよりも自分でやることが多いです。

作成に使える時間の余力などご自身の状況に合わせてお好きな方法でどうぞ!

 

 

お品書き編

お品書きの基本的な作り方はこちらをどうぞ。

 

デザインアイディア例

この方のツイートがとても勉強になります。

 

自分でイチからお品書き作る人向け情報です。

 

ツイッターで使ったお品書き流用作戦

ツイッターで使ったお品書きをそのままpictSQUAREピクトスクエアでも使う方法です。

 

実際にやっているサークルさんたまに見ます。

ツイッターでの推奨画像サイズは16:9。

1280 x 720とか1920 x 1080とかですね。

ピクスクのお品書き推奨サイズは500×1500です。

 

なぜこの方法がおすすめかというと、ツイッターを優先して16:9サイズでお品書き作ってそれをピクスクでも使うのがコスパ良いからです。

 

ぶっちゃけピクスクでスペース右下の看板押すとお品書き表示されるのをそもそも知らない人も多いですw

さらに、そもそもが店舗だったらすぐ商品見られるんで、お品書き見る必要性もあまりありません。

 

なので、ピクスク用に改めて500×1500のお品書き作るのはちょっとコスパ悪いです。

新刊ギリギリとかただでさえ原稿で忙しい人ならなおさら。

 

実際に試してみました

試しに作ってみた1280 x 720の画像で、実際にピクスクでどう見える確認してみましょう。

 

かなり良いのでは?

 

もはやピクスク用に500×1500のお品書き作らなくていいのではないだろうか…

本の数が多いなら文字なくしてもいいと思います。

表紙見て気になれば、一般参加者の人商品見に来てくれますからね。

 

時間ない人や面倒くさい人はぜひこの方法ご検討あれ。

 

 

ピクスペとBOOTHのダブルリンク作戦

pictSPACEピクトスペース(ピクスペ)出店の人も、あるならBOOTHやメロンブックスなど他の通販リンク貼っておきましょう。

 

pictSQUAREピクトスクエアでは出展区分が

  • pictSPACEピクトスペース(ピクスペ)
  • その他の出展区分

の2つから選ぶ仕様です。

 

ピクスペを使うと商品リンクでHTMLタグが使えます。

 

この方法を使ってピクスペとBOOTHのリンクを貼っている人が実際にいました。

これすごくいいなと思いました。

 

というのもぶっちゃけpictSPACEピクトスペース(ピクスペ)って使ってる人少ないからw

サークル参加者でも一般参加者でも、ピクスペは使ってる人が少ない。

使い方についても、みんな慣れてません。

 

私自身すでにピクスクとピクスペについていくつもブログで記事書いてますけど、正直いまだによくわかってない部分があります。

 

一般参加者にとってハードルが多いし高い。

  • 決済方法とか使い方もよくわからない。
  • 新しく会員登録しないといけない。
  • 個人情報を登録しないといけない。

 

また、そもそもがピクスペはサークルごとの決済になるため、送料とか匿名配送手数料を考えると、買う人にとっては高いですw

 

買う人にとってピクスペはデメリットが多く避けられがちです。

 

この人の本よさげだけど、ピクスペだけか…どうしようかなってなった時にもBOOTHのリンクがあると、買ってもらいやすいです。

 

なので、pictSPACEピクトスペースで出店の人も、BOOTHやメロンブックスなどのその他の通販リンクを貼るようにしておくといいと思います。

 

HTMLでお品書きや通販リンクを整える

これは上級者向けです。

ピクスクからみてもOK!pictSPACE 頒布物・お品書き下部分の装飾HTMLタグ

【pictSQUARE+pictSPACE店舗利用時】外部サイトリンクでアクセスエラーを出さないためのhtmlタグ設定方法

 

自分でHTMLをいじる必要があります。

これはやれる人向けです。

 

LINK MIXでその他の出展区分の複数リンクを1つにする

複数のサイトのリンクを1つにしてくれるLINK MIXというサービスを使いましょう。

無料です。

 

これならBOOTHやメロンブックスなどの複数の通販ページのリンク、複数の商品リンクを1ページで表示できます。

こんな感じ。

 

複数リンクを貼る方法、HTMLでお品書きをいじる方法はこちらで詳しく書いています。

 

スペース店舗外観編

自分のスペースである店舗外観の基本的な作り方はこちらをどうぞ。

 

サークルカット画像そのまま使う作戦

ピクスク用に使ったサークル画像をそのまま店舗画像に使いましょう。

こんな人におすすめ

  • お手軽に目立つ店舗にしたい
  • 新しい画像作ってる余裕ない

 

Picrew(ピクルー)をで作る

Picrewにあるピクスク店舗外観メーカーで作りましょう。

こんな人におすすめ

  • お店風のカスタマイズをお手軽にしたい
  • 1分で作りたい人w

 

私が1分で作った店舗外観がこちらです。

 

 

BOOTHで店舗外観素材をゲット

BOOTHでピクトスクエアの店舗外観が無料配布されています。

 

BOOTHの絞り込みで「価格の上限」を「0」にすれば無料配布のものだけを表示できます!

 

このあたりのワードで検索すると店舗外観素材が出てきます。

 

BOOTH以外にもツイッターなどで素材配布している人もいます。

私のおすすめはこれ。

デフォルトの店舗画像の上に重ねられます。

これは気になっちゃいますねw

 

私も今度サークル参加する時に絶対に使おうと思ってますw

 

アバター編

アバターの作り方、画像の設定方法についてはこちら。

 

 

素体テンプレートから作る

pictSQUARE用フリーアバターというテンプレートがあります。

こちらは芹石せいじさんという方がツイッターなどで上げていたのをまとめたnoteの記事です。

 

この手をつないでる素材もおすすめ。

推しカプで作りましょう。

 

ピクルーのアバターメーカーを使う

pictSQUARE(ピクスク)アバター用メーカー

ピクルーが何かとピクスク関係のツール豊富です。

 

BOOTHで完成された素材を検索

BOOTHで無料配布素材を使いましょう。

このあたりのワードで検索しましょう。

 

私のおすすめはこちら。

コーヒークッキー アバター

実際に使ってますw

 

pictSQUAREピクトスクエアアイディア・素材集まとめ

サークル参加者の方が楽にイベントを楽しめるように、カスタマイズのアイディアや素材集について解説しました。

 

それぞれの、画像や素材を実際に反映・変更させるための方法は、各項目の個別の記事で解説しています。

 

全部やろうとせずに、無理せずやれるところだけでもカスタマイズして楽しみましょう。

 

また、自分のサークルをアピールするために一番大事なのは頒布物です。

店舗外観やお品書きよりも何よりも。

素敵な1冊を作ることが何よりも大事です。

そっちの方がよっぽど宣伝効果もあります。

 

みなさんのサークル参加が素敵なものとなりますように。

 

BOOTHでは、私の本「大丈夫会社をやめても生きていける」の電子版売ってます。

無料でちょっと読めます。

激ヤバ公務員時代とか、メンタル病んでどう復活したか、失業保険とかお金の話を書いたエッセイです。

文学フリマで完売した伝説の本。

 

-趣味の創作
-, ,